ポイントで無料旅行! 旅行保険 SPGアメックスの旅行保険は自分も家族も補償! SPGアメックスカードについて

SPGアメックスカードについて

SPGアメックスの旅行保険は自分も家族も補償!

投稿日:2019年3月10日 更新日:

こんにちは!村岡です。
ポイントで無料旅行! 自分-2 SPGアメックスの旅行保険は自分も家族も補償! SPGアメックスカードについて

私は以前、マイルやホテルなんて
興味のない生活をしていましたが、
SPGアメックスに出会って
生活スタイルが変わりました!!

SPGアメックスには色々な保険・特典が
付いています。

特に海外旅行に関しては、SPGアメックスは
所持するのに必須なカードです。

保険と一言で言っても内容が変わってきますので、
詳細を解説していきます。

【目次】

SPGアメックスの海外旅行保険について

ポイントで無料旅行! 利用付帯自動付帯 SPGアメックスの旅行保険は自分も家族も補償! SPGアメックスカードについて

SPGアメックスの海外旅行保険内容の詳細

アメックスの海外での傷害保険内容

付帯状況によって補償内容が変わります。

自動付帯…カードを持っているだけで自動的に適応になる保険内容です。手続きや登録などといった手間はありません。

利用付帯…ツアー代金や航空券などの旅行代金を、クレジットカードを利用して支払うことで適用になる保険内容です。

  

spgアメックスの海外旅行保険は基本は自動付帯が付いています

旅行代金をSPGアメックスで決済しなかった場合、
海外旅行保険は
自動付帯になります。
内容は下表のとおりです。

 補償項目内容
国内旅行傷害死亡・後遺障害最高5,000万円
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1億円
傷害治療費用最高300万円
疾病治療費用 最高300万円
賠償責任最高4,000万円
携行品損害1旅行最高50万円
救援者費用最高400万円

中に損害賠償保険がありますが、
海外旅行の際、
WiFiや携帯のレンタルの時も
補償の対象なので
安心できると思います。

  

spgアメックスを利用すれば、海外旅行保険は利用付帯の内容になります

旅行代金をSPGアメックスで決済した場合、
利用付帯になります。

※現地で使うことではありません。
旅行代金をSPGアメックスで
支払うということです。

※マイルで海外特典航空券を購入した場合、
航空券代は無料ですが
燃油サーチャージ代などはかかります。

なので、それをSPGアメックスで
決済した場合は利用付帯になります。

補償は下表のとおりです。

 補償項目内容
国内旅行傷害死亡・後遺障害補償無し
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高5,000万円
傷害治療費用最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
賠償責任最高4,000万円
携行品損害1旅行最高50万円
救援者費用最高300万円

保険内容は
利用付帯の方が良いので、

航空券代決済は
SPGアメックスを
使いましょう。

公式ホームページはこちら
>> https://www.americanexpress.com/content/dam/amex/jp/assets/pdfs/benefits/spg_terms.pdf

SPGアメックスを作れば
空港で旅行保険に
入らなくても良さそうです。

例えば4泊の海外旅行で
家族3人行った場合。

海外旅行保険に入る場合は、
1人あたり7,000円の料金なので
3人で21,000円。

年に2回海外旅行行く方は
42,000円です。

SPGアメックスの年会費は
3,1000円と高額ですが、
年に2回海外旅行行く方は
元がとれてしまいます。

アメックスの海外での医療保険内容

利用付帯か自動付帯で
条件は変わります。

一般的に言う医療保険は
アメックスで言う
傷害治療費用です。

利用付帯が最高300万円
自動付帯が最高200万円。

仮にSPGアメックスに
入会しなかったとしても
旅行保険に入った方がいいです。

携帯品が盗難された際の、SPGアメックスの保険内容

利用付帯でも自動付帯でも
条件は同じです。

1旅行、最高50万円が
補償されます。

財布がない、アイパッドがない、
スマホがないなどあった時は
速やかにアメックスに連絡を!

あと、現地の警察の盗難届が
証明に必要になる
ので
盗難にあったら
現地の警察に行くように
してください。

spgアメックスの欠航・航空便遅延費用補償

海外旅行の際に、
航空便の遅延・欠航、
乗り継ぎ時の到着便の遅延によって
発生した宿泊・食事代を
補償してくれます。

また、
手荷物の到着遅延・紛失によって
発生した衣類・生活必需品の購入費用も
補償されます。

補償項目内容
乗継遅延費用最高2万円
出航遅延、欠航、
搭乗不能費用
最高2万円
受託手荷物遅延費用最高2万円
受託手荷物紛失費用最高4万円

遅延補償がついているカードは
あまり多くないので
アメックスはさすがだと思います。

公式ホームページはこちら
>>https://www.americanexpress.com/content/dam/amex/jp/assets/pdfs/benefits/spg_terms.pdf

SPGアメックスの海外旅行保険の請求の方法|キャッシュレスです!

医療保険の場合、
アメックス社に怪我した旨を伝え、
提携している病院の処方に関しては、
現金入りません。キャッシュレスです。

SPGアメックスの海外旅行保険の連絡先・電話番号

ポイントで無料旅行! コールセンター SPGアメックスの旅行保険は自分も家族も補償! SPGアメックスカードについて

アメックスの24時間日本語で無料電話サポート(オーバーシーズ・アシスト)がすごい!

オーバーシーズ・アシストでは
海外でレストランの予約、
医療機関の紹介、
緊急時の支援等の日本語の
電話サポートが受けられます。

この電話は
世界ほとんどの国から24時間
かけることができます。

通話料無料またはコレクトコールで
連絡できます。

現地の言葉が話せなくても
問題ないです(笑)

安心の補償ですね。

公式ホームページはこちら
>> https://www.americanexpress.com/jp/content/benefits/product/travel/overseas_assist.html

※本人・家族会員のみならず、
日本国外を旅行する
カード会員に同行する家族
(配偶者・子供など生計を共にする親族)
も対象

生計を共にするとは
健康保険証を共有しているか、
税法上扶養関係にあることです。

spg アメックスの海外旅行保険は家族にも適応されます

ポイントで無料旅行! 保険は家族も SPGアメックスの旅行保険は自分も家族も補償! SPGアメックスカードについて

SPGアメックスには色々な保険・特典が
付いています。

特に海外旅行に関しては、SPGアメックスは
所持するのに必須なカードです。

保険と一言で言っても内容が変わってきますので、
詳細を解説していきます。

SPGアメックスの海外旅行保険について

SPGアメックスの海外旅行保険内容の詳細

アメックスの海外での傷害保険内容

付帯状況によって補償内容が変わります。

自動付帯…カードを持っているだけで自動的に適応になる保険内容です。手続きや登録などといった手間はありません。

利用付帯…ツアー代金や航空券などの旅行代金を、クレジットカードを利用して支払うことで適用になる保険内容です。

  

spgアメックスの海外旅行保険は基本は自動付帯が付いています

旅行代金をSPGアメックスで決済しなかった場合、
海外旅行保険は
自動付帯になります。
内容は下表のとおりです。

 補償項目内容
国内旅行傷害死亡・後遺障害最高5,000万円
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1億円
傷害治療費用最高300万円
疾病治療費用 最高300万円
賠償責任最高4,000万円
携行品損害1旅行最高50万円
救援者費用最高400万円

中に損害賠償保険がありますが、
海外旅行の際、
WiFiや携帯のレンタルの時も
補償の対象なので
安心できると思います。

  

spgアメックスを利用すれば、海外旅行保険は利用付帯の内容になります

旅行代金をSPGアメックスで決済した場合、
利用付帯になります。

※現地で使うことではありません。
旅行代金をSPGアメックスで
支払うということです。

※マイルで海外特典航空券を購入した場合、
航空券代は無料ですが
燃油サーチャージ代などはかかります。

なので、それをSPGアメックスで
決済した場合は利用付帯になります。

補償は下表のとおりです。

 補償項目内容
国内旅行傷害死亡・後遺障害補償無し
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高5,000万円
傷害治療費用最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
賠償責任最高4,000万円
携行品損害1旅行最高50万円
救援者費用最高300万円

保険内容は
利用付帯の方が良いので、

航空券代決済は
SPGアメックスを
使いましょう。

公式ホームページはこちら
>> https://www.americanexpress.com/content/dam/amex/jp/assets/pdfs/benefits/spg_terms.pdf

SPGアメックスを作れば
空港で旅行保険に
入らなくても良さそうです。

例えば4泊の海外旅行で
家族3人行った場合。

海外旅行保険に入る場合は、
1人あたり7,000円の料金なので
3人で21,000円。

年に2回海外旅行行く方は
42,000円です。

SPGアメックスの年会費は
3,1000円と高額ですが、
年に2回海外旅行行く方は
元がとれてしまいます。

アメックスの海外での医療保険内容

利用付帯か自動付帯で
条件は変わります。

一般的に言う医療保険は
アメックスで言う
傷害治療費用です。

利用付帯が最高300万円
自動付帯が最高200万円。

仮にSPGアメックスに
入会しなかったとしても
旅行保険に入った方がいいです。

携帯品が盗難された際の、SPGアメックスの保険内容

利用付帯でも自動付帯でも
条件は同じです。

1旅行、最高50万円が
補償されます。

財布がない、アイパッドがない、
スマホがないなどあった時は
速やかにアメックスに連絡を!

あと、現地の警察の盗難届が
証明に必要になる
ので
盗難にあったら
現地の警察に行くように
してください。

spgアメックスの欠航・航空便遅延費用補償

海外旅行の際に、
航空便の遅延・欠航、
乗り継ぎ時の到着便の遅延によって
発生した宿泊・食事代を
補償してくれます。

また、
手荷物の到着遅延・紛失によって
発生した衣類・生活必需品の購入費用も
補償されます。

補償項目内容
乗継遅延費用最高2万円
出航遅延、欠航、
搭乗不能費用
最高2万円
受託手荷物遅延費用最高2万円
受託手荷物紛失費用最高4万円

遅延補償がついているカードは
あまり多くないので
アメックスはさすがだと思います。

公式ホームページはこちら
>>https://www.americanexpress.com/content/dam/amex/jp/assets/pdfs/benefits/spg_terms.pdf

SPGアメックスの海外旅行保険の請求の方法|キャッシュレスです!

医療保険の場合、
アメックス社に怪我した旨を伝え、
提携している病院の処方に関しては、
現金入りません。キャッシュレスです。

SPGアメックスの海外旅行保険の連絡先・電話番号

ポイントで無料旅行! コールセンター SPGアメックスの旅行保険は自分も家族も補償! SPGアメックスカードについて

アメックスの24時間日本語で無料電話サポート(オーバーシーズ・アシスト)がすごい!

オーバーシーズ・アシストでは
海外でレストランの予約、
医療機関の紹介、
緊急時の支援等の日本語の
電話サポートが受けられます。

この電話は
世界ほとんどの国から24時間
かけることができます。

通話料無料またはコレクトコールで
連絡できます。

現地の言葉が話せなくても
問題ないです(笑)

安心の補償ですね。

公式ホームページはこちら
>> https://www.americanexpress.com/jp/content/benefits/product/travel/overseas_assist.html

※本人・家族会員のみならず、
日本国外を旅行する
カード会員に同行する家族
(配偶者・子供など生計を共にする親族)
も対象

生計を共にするとは
健康保険証を共有しているか、
税法上扶養関係にあることです。

spg アメックスの海外旅行保険は家族にも適応されます

SPGアメックスを持っている
本人以外の家族も
補償対象になるというものです。

ご家族の補償を
他のカードでは
家族特約と言います。

アメックスは言いません(笑)

家族は契約本人より
保障内容は薄いですが、
それでも保証されるのは
凄いことだと思います。

補償内容は下記の通りです。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡・後遺障害最高1,000万円なし
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1,000万円最高1,000万円
傷害治療費用最高200万円最高200万円
疾病治療費用 最高200万円最高200万円
賠償責任最高4,000万円最高4,000万円
携行品損害1旅行最高50万円1旅行最高50万円
救援者費用最高300万円最高300万円

家族の場合は
利用付帯でも自動付帯でも
保険の内容は変わらないですね。

比較的治安のいい国に行くなら
この保険だけでも
良いかもしれません。

アメックスの海外旅行保険は子供にも補償されます

子供は時に
体調を崩してしまう、
はしゃいでケガをしてしまう、
店の商品を壊してしまう、

そんなトラブルが起こりやすいので
大人に比べて、子供の方が
保険入った方が良いです。

そんな時にも活躍するのは
SPGアメックス保険の
家族への補償です。

家族特約は、子供も対象になるので、
SPGアメックス持っていれば、
家族全員が安心して
海外旅行に行けるのです。

保険に年齢制限は
ありません。

アメックス 海外旅行保険の口コミ・評判

アメックス 傷害・医療保険 評判

私は、香港旅行の際、
足をけがしてしまいました。。

その時、アメックスの保険に
対応してもらいましたが、
凄く助かりました!!

私は香港旅行に行ったとき、
まさかの怪我をしました。

焦りました。
そんなときに頼りになったのは
アメックスのオーバーシーズ・アシスト!

焦ってる自分は置いといて(笑)
どうすべきか冷静に教えてくれました。

足を切ってしまい、8針縫うはめに。
海外は日本の保険効かないので
金額にして、約17万円。

そんなに払えない(笑)

でもSPGアメックスの保険で
支払うことが出来ました。

この保険は流石です!
身をもって証明しました(笑)

詳しい記事はこちらです。

SPGアメックスの国内旅行保険について

SPGアメックスの国内旅行保険の詳細

SPGアメックスの
国内旅行保険に関しては
手厚くはないです。

利用付帯のときの
傷害死亡・後遺障害保険金しか
補償されません。

本会員は、最高5000万円。
家族は、最高1000万円です。

保険は、正直傷害死亡・後遺障害保険は
そこまで重視しなくても
良いと思います。

大事なのは医療(傷害治療費用保)保険。

国内なので、
入っている保険が適応されますが、
旅行の時でも適応されるのか
わからないので、確認しておきましょう。

SPGアメックスのセキュリティ

ポイントで無料旅行! カードのセキュリティ SPGアメックスの旅行保険は自分も家族も補償! SPGアメックスカードについて

spgアメックスカード、盗難・紛失の場合の再発行は無料!

SPGアメックスを紛失・盗難した場合、
状況に応じて
至急再発行してくれます。

海外役立ちそうですが、
私は国内に居ながら
2回もカード無くしました(笑)

素早く&無料で再発行
してくれましたよ!

再発行には手数料かかる
カードが多いので、
アメックス無料はさすがです。

公式ホームページはこちら
>> https://www.americanexpress.com/japan/contents/benefits/product/spg/safesecure.shtml

spgアメックスオンライン・プロテクション

インターネット上での
不正使用による損害は
全額補償されます。

安心してネットショッピングを楽しめます。

公式ホームページはこちら
>> https://www.americanexpress.com/japan/contents/benefits/product/spg/safesecure.shtml

spgアメックス ショッピングプロテクション

SPGアメックスで購入した
ほとんどの商品について、
破損・盗難などの損害を
購入日から90日間、
1名につき年間最高500万円まで
補償されます。

事故があった際、
フリーダイヤルに電話したら、
「保険金請求書」を送ってくれます。

その際、
「保険金請求書」
「必要添付書類」
「カードご利用控」

返送すれば補償してくれます。

ショッピングプロテクションではスマホも補償!

他のクレジットカードの
ショッピング保険では、
スマホ・ノートPCは
対象外が多いですが
アメックスは補償してくれます。

公式ホームページはこちら
>> https://www.americanexpress.com/japan/contents/benefits/product/spg/safesecure.shtml

動産総合保険:spg アメックス ショッピング プロテクション ワイド

ショッピングプロテクションワイドではiphoneなど高額商品にオススメ

プロテクション ワイドは、
付帯ではなく任意加入の保険ですが
その内容が素晴らしいです。

ショッピングプロテクションは
補償が購入から90日ですが、
ショッピングプロテクションワイドは
補償が購入から1年になります。

補償内容は
10万円のパソコンが事故で壊れた場合、
実質無料で補償してくれます。

公式ホームページはこちら
>> https://www.americanexpress.com/jp/insurance/products/wide.htm

spgアメックス キャンセルプロテクション

急な出張で
海外旅行に行けなくなった場合、
突然の病気、ケガによる
入院などの場合に
便利な保険です。

予約していた旅行を
キャンセルしたり、
チケットを購入済みのコンサートに
行けなくなった場合、
キャンセル費用などの損害を
補償してくれます。

≪自己負担額≫
「1,000円」または
「キャンセル費用の10%に相当する額」の
いずれか高い額の免責額があります。

≪お支払い補償金の限度額≫
•入院に基づくキャンセルの場合:10万円(年間最高)
•通院に基づくキャンセルの場合:3万円(年間最高)
※ケガ(傷害)の場合が対象で病気は対象外
•社命出張に基づくキャンセルの場合:10万円(年間最高)※年1回まで

公式ホームページはこちら
>> https://www.americanexpress.com/japan/contents/benefits/product/spg/safesecure.shtml

他のクレジットカードの旅行保険と家族への補償

アメックスゴールドの海外旅行保険の内容

利用付帯、自動付帯によって
内容が異なります。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡5,000万円なし
傷害後遺障害最高5,000万円なし
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1億円最高5,000万円
傷害治療費用最高300万円最高200万円
疾病治療費用 最高300万円最高200万円
賠償責任最高4,000万円最高4,000万円
携行品損害1旅行最高50万円1旅行最高50万円
救援者費用最高400万円最高300万円

SPGアメックスと
ほとんど変わりません。

裏を返せば
SPGアメックスは
アメックスゴールドと
同じような内容だと言えます。

アメックスゴールドの海外旅行保険の家族への補償

このカードは家族も補償してくれます。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡1,000万円なし
傷害後遺障害最高1,000万円なし
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1,000万円最高1,000万円
傷害治療費用最高200万円最高200万円
疾病治療費用 最高200万円最高200万円
賠償責任最高4,000万円最高4,000万円
携行品損害1旅行最高50万円1旅行最高50万円
救援者費用最高300万円最高300万円

保険に関して言えば
クレジットカードが2枚あると
各々の補償が適応されます。

利用付帯の障害治療の場合
仮にSPGアメックスと
アメックスゴールドの2枚あると
SPGアメックス=200万円
アメックスゴールド=200万円
計400万円分の補償額になります。

アメックスプラチナの海外旅行保険の内容

アメックスプラチナは
SPGアメックスの
さらに上を行く補償内容です。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡・後遺障害5,000万円5,000万円
入院保険
日額5,000円日額5,000円
手術保険最高20万円最高20万円
通院保険日額3,000円日額3,000円
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1億円最高5,000万円
傷害治療費用最高1,000万円最高1,000万円
疾病治療費用 最高1,000万円最高1,000万円
賠償責任最高5,000万円最高5,000万円
携行品損害1旅行最高100万円1旅行最高100万円
救援者費用最高1,000万円最高1,000万円

SPGアメックスだけだと
少々不安かもしれませんが
このカードだと十分です。

アメックスプラチナの海外旅行保険の家族への補償

もちろん家族への補償も
完備されています。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡・後遺障害最高1,000万円最高1,000万円
入院保険
日額5,000円日額5,000円
手術保険最高20万円最高20万円
通院保険日額3,000円日額3,000円
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1,000万円最高1,000万円
傷害治療費用最高1,000万円最高1,000万円
疾病治療費用 最高1,000万円最高1,000万円
賠償責任最高5,000万円最高5,000万円
携行品損害1旅行最高100万円1旅行最高100万円
救援者費用最高1,000万円最高1,000万円

本会員とほとんど変わらない
補償内容ですね!

アメックスプラチナを持っていれば
利用しなくても
持っているだけでよさそうですね。

アメックスビジネスゴールドの海外旅行保険の内容

アメックスビジネスゴールドは
アメックスゴールドと
ほぼ同じ補償内容です。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡最高5,000万円なし
傷害後遺障害最高5,000万円なし
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1億円最高5,000万円
傷害治療費用最高300万円最高200万円
疾病治療費用 最高300万円最高200万円
賠償責任最高4,000万円最高4,000万円
携行品損害1旅行最高50万円1旅行最高50万円
救援者費用最高400万円最高300万円

アメックスビジネスゴールドの海外旅行保険の家族への補償

こちらもほぼ
アメックスゴールドと
とほぼ同様の
補償内容です。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡最高1,000万円なし
傷害後遺障害最高1,000万円なし
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1,000万円最高1,000万円
傷害治療費用最高200万円最高200万円
疾病治療費用 最高200万円最高200万円
賠償責任最高4,000万円最高4,000万円
携行品損害1旅行最高50万円1旅行最高50万円
救援者費用最高300万円最高300万円

anaアメックスゴールドの海外旅行保険の内容

ANAアメックスゴールドも
SPGアメックスと
ほぼ同じ補償金額ですね。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡・後遺障害最高5,000万円なし
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1億円最高5,000万円
傷害治療費用最高300万円最高200万円
疾病治療費用 最高300万円最高200万円
賠償責任最高4,000万円最高4,000万円
携行品損害1旅行最高50万円1旅行最高50万円
救援者費用最高400万円最高300万円

anaアメックスゴールドの海外旅行保険の家族への補償

このカードは家族も補償してくれます。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡・後遺障害最高1,000万円なし
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1,000万円最高1,000万円
傷害治療費用最高200万円最高200万円
疾病治療費用 最高200万円最高200万円
賠償責任最高4,000万円最高4,000万円
携行品損害1旅行最高50万円1旅行最高50万円
救援者費用最高300万円最高300万円

ちなみに私は
SPGアメックスと
ANAアメックスゴールドを
持っていますので
単純に補償額が2倍です。

セゾンアメックスゴールドの海外旅行保険の内容

一口にセゾンアメックスと言っても
色々種類がありますので
SPGアメックスと同等クラスの
セゾンアメックスゴールドと
比較します。

セゾンアメックスゴールドは
自動付帯のみです。

 補償項目自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡・後遺障害5,000万円
入院保険
日額5,000円
通院保険日額3,000円
海外旅行傷害死亡・後遺障害5,000万円
治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任3,000万円
携帯品損害30万円
救援者費用200万円
寄託手荷物遅延費用10万円
乗継遅延費用3万円
出発遅延費用3万円

保険内容は充実していると
思います。

アメックスプラチナに似た
保険内容ですね。

セゾンアメックスゴールドの海外旅行保険の家族への補償

こちらも
アメックスプラチナに似た
保険内容です。

 補償項目自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡・後遺障害1,000万円
入院保険
日額5,000円
通院保険日額3,000円
海外旅行傷害死亡・後遺障害1,000万円
治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任3,000万円
携帯品損害30万円
救援者費用200万円
寄託手荷物遅延費用10万円
乗継遅延費用3万円
出発遅延費用3万円

保険に関して言えば
セゾンアメックスのほうが
SPGアメックスより
良いかもしれません。

JALカードの海外旅行保険の内容

JALカードも色々ありますが
SPGアメックスと
同等クラスのClub-Aゴールドカードと
比較したいと思います。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡5,000万円5,000万円
後遺障害150万~5,000万円
入院保険
日額1万円日額5,000円
手術手術の種類に応じて
10,000円×倍率(10倍・
20倍または40倍)
通院保険日額2,000円日額3,000円
海外旅行傷害死亡最高1億円
利用5000万、自動5000万の合算
後遺障害最高1億円
利用5000万、自動5000万の合算
治療費用300万円300万円
疾病治療費用300万円300万円
賠償責任1億円3,000万円
携帯品損害1旅行につき50万円30万円
救援者費用400万円200万円

アメックスプラチナに
匹敵する内容ですね。

保険入るつもりで言えば
Club-Aゴールドカードに
入会してもいいかもしれません。

JALカードの海外旅行保険の家族への補償

Club-Aゴールドカードは
基本契約者本人に
手厚い待遇がありますね。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡なしなし
後遺障害なしなし
入院保険
なしなし
手術なし
なし
通院保険なしなし
海外旅行傷害死亡最高1,000万円最高1,000万円
後遺障害最高1,000万円最高1,000万円
治療費用200万円3200万円
疾病治療費用200万円200万円
賠償責任2,000万円2,000万円
携帯品損害1旅行につき50万円1旅行につき50万円
救援者費用200万円200万円

家族は無いわけではないですが
保険について
少し考えたほうが良いかもしれません。

SPGアメックスを持っている
本人以外の家族も
補償対象になるというものです。

ご家族の補償を
他のカードでは
家族特約と言います。

アメックスは言いません(笑)

家族は契約本人より
保障内容は薄いですが、
それでも保証されるのは
凄いことだと思います。

補償内容は下記の通りです。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡・後遺障害最高1,000万円なし
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1,000万円最高1,000万円
傷害治療費用最高200万円最高200万円
疾病治療費用 最高200万円最高200万円
賠償責任最高4,000万円最高4,000万円
携行品損害1旅行最高50万円1旅行最高50万円
救援者費用最高300万円最高300万円

家族の場合は
利用付帯でも自動付帯でも
保険の内容は変わらないですね。

比較的治安のいい国に行くなら
この保険だけでも
良いかもしれません。

アメックスの海外旅行保険は子供にも補償されます

子供は時に
体調を崩してしまう、
はしゃいでケガをしてしまう、
店の商品を壊してしまう、

そんなトラブルが起こりやすいので
大人に比べて、子供の方が
保険入った方が良いです。

そんな時にも活躍するのは
SPGアメックス保険の
家族への補償です。

家族特約は、子供も対象になるので、
SPGアメックス持っていれば、
家族全員が安心して
海外旅行に行けるのです。

保険に年齢制限は
ありません。

アメックス 海外旅行保険の口コミ・評判

アメックス 傷害・医療保険 評判

私は、香港旅行の際、
足をけがしてしまいました。。

その時、アメックスの保険に
対応してもらいましたが、
凄く助かりました!!

私は香港旅行に行ったとき、
まさかの怪我をしました。

焦りました。
そんなときに頼りになったのは
アメックスのオーバーシーズ・アシスト!

焦ってる自分は置いといて(笑)
どうすべきか冷静に教えてくれました。

足を切ってしまい、8針縫うはめに。
海外は日本の保険効かないので
金額にして、約17万円。

そんなに払えない(笑)

でもSPGアメックスの保険で
支払うことが出来ました。

この保険は流石です!
身をもって証明しました(笑)

詳しい記事はこちらです。

SPGアメックスの国内旅行保険について

SPGアメックスの国内旅行保険の詳細

SPGアメックスの
国内旅行保険に関しては
手厚くはないです。

利用付帯のときの
傷害死亡・後遺障害保険金しか
補償されません。

本会員は、最高5000万円。
家族は、最高1000万円です。

保険は、正直傷害死亡・後遺障害保険は
そこまで重視しなくても
良いと思います。

大事なのは医療(傷害治療費用保)保険。

国内なので、
入っている保険が適応されますが、
旅行の時でも適応されるのか
わからないので、確認しておきましょう。

SPGアメックスのセキュリティ

spgアメックスカード、盗難・紛失の場合の再発行は無料!

SPGアメックスを紛失・盗難した場合、
状況に応じて
至急再発行してくれます。

海外役立ちそうですが、
私は国内に居ながら
2回もカード無くしました(笑)

素早く&無料で再発行
してくれましたよ!

再発行には手数料かかる
カードが多いので、
アメックス無料はさすがです。

公式ホームページはこちら
>> https://www.americanexpress.com/japan/contents/benefits/product/spg/safesecure.shtml

spgアメックスオンライン・プロテクション

インターネット上での
不正使用による損害は
全額補償されます。

安心してネットショッピングを楽しめます。

公式ホームページはこちら
>> https://www.americanexpress.com/japan/contents/benefits/product/spg/safesecure.shtml

spgアメックス ショッピングプロテクション

SPGアメックスで購入した
ほとんどの商品について、
破損・盗難などの損害を
購入日から90日間、
1名につき年間最高500万円まで
補償されます。

事故があった際、
フリーダイヤルに電話したら、
「保険金請求書」を送ってくれます。

その際、
「保険金請求書」
「必要添付書類」
「カードご利用控」

返送すれば補償してくれます。

ショッピングプロテクションではスマホも補償!

他のクレジットカードの
ショッピング保険では、
スマホ・ノートPCは
対象外が多いですが
アメックスは補償してくれます。

公式ホームページはこちら
>> https://www.americanexpress.com/japan/contents/benefits/product/spg/safesecure.shtml

動産総合保険:spg アメックス ショッピング プロテクション ワイド

ショッピングプロテクションワイドではiphoneなど高額商品にオススメ

プロテクション ワイドは、
付帯ではなく任意加入の保険ですが
その内容が素晴らしいです。

ショッピングプロテクションは
補償が購入から90日ですが、
ショッピングプロテクションワイドは
補償が購入から1年になります。

補償内容は
10万円のパソコンが事故で壊れた場合、
実質無料で補償してくれます。

公式ホームページはこちら
>> https://www.americanexpress.com/jp/insurance/products/wide.htm

spgアメックス キャンセルプロテクション

急な出張で
海外旅行に行けなくなった場合、
突然の病気、ケガによる
入院などの場合に
便利な保険です。

予約していた旅行を
キャンセルしたり、
チケットを購入済みのコンサートに
行けなくなった場合、
キャンセル費用などの損害を
補償してくれます。

≪自己負担額≫
「1,000円」または
「キャンセル費用の10%に相当する額」の
いずれか高い額の免責額があります。

≪お支払い補償金の限度額≫
•入院に基づくキャンセルの場合:10万円(年間最高)
•通院に基づくキャンセルの場合:3万円(年間最高)
※ケガ(傷害)の場合が対象で病気は対象外
•社命出張に基づくキャンセルの場合:10万円(年間最高)※年1回まで

公式ホームページはこちら
>> https://www.americanexpress.com/japan/contents/benefits/product/spg/safesecure.shtml

他のクレジットカードの旅行保険と家族への補償

アメックスゴールドの海外旅行保険の内容

利用付帯、自動付帯によって
内容が異なります。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡5,000万円なし
傷害後遺障害最高5,000万円なし
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1億円最高5,000万円
傷害治療費用最高300万円最高200万円
疾病治療費用 最高300万円最高200万円
賠償責任最高4,000万円最高4,000万円
携行品損害1旅行最高50万円1旅行最高50万円
救援者費用最高400万円最高300万円

SPGアメックスと
ほとんど変わりません。

裏を返せば
SPGアメックスは
アメックスゴールドと
同じような内容だと言えます。

アメックスゴールドの海外旅行保険の家族への補償

このカードは家族も補償してくれます。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡1,000万円なし
傷害後遺障害最高1,000万円なし
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1,000万円最高1,000万円
傷害治療費用最高200万円最高200万円
疾病治療費用 最高200万円最高200万円
賠償責任最高4,000万円最高4,000万円
携行品損害1旅行最高50万円1旅行最高50万円
救援者費用最高300万円最高300万円

保険に関して言えば
クレジットカードが2枚あると
各々の補償が適応されます。

利用付帯の障害治療の場合
仮にSPGアメックスと
アメックスゴールドの2枚あると
SPGアメックス=200万円
アメックスゴールド=200万円
計400万円分の補償額になります。

アメックスプラチナの海外旅行保険の内容

アメックスプラチナは
SPGアメックスの
さらに上を行く補償内容です。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡・後遺障害5,000万円5,000万円
入院保険
日額5,000円日額5,000円
手術保険最高20万円最高20万円
通院保険日額3,000円日額3,000円
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1億円最高5,000万円
傷害治療費用最高1,000万円最高1,000万円
疾病治療費用 最高1,000万円最高1,000万円
賠償責任最高5,000万円最高5,000万円
携行品損害1旅行最高100万円1旅行最高100万円
救援者費用最高1,000万円最高1,000万円

SPGアメックスだけだと
少々不安かもしれませんが
このカードだと十分です。

アメックスプラチナの海外旅行保険の家族への補償

もちろん家族への補償も
完備されています。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡・後遺障害最高1,000万円最高1,000万円
入院保険
日額5,000円日額5,000円
手術保険最高20万円最高20万円
通院保険日額3,000円日額3,000円
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1,000万円最高1,000万円
傷害治療費用最高1,000万円最高1,000万円
疾病治療費用 最高1,000万円最高1,000万円
賠償責任最高5,000万円最高5,000万円
携行品損害1旅行最高100万円1旅行最高100万円
救援者費用最高1,000万円最高1,000万円

本会員とほとんど変わらない
補償内容ですね!

アメックスプラチナを持っていれば
利用しなくても
持っているだけでよさそうですね。

アメックスビジネスゴールドの海外旅行保険の内容

アメックスビジネスゴールドは
アメックスゴールドと
ほぼ同じ補償内容です。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡最高5,000万円なし
傷害後遺障害最高5,000万円なし
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1億円最高5,000万円
傷害治療費用最高300万円最高200万円
疾病治療費用 最高300万円最高200万円
賠償責任最高4,000万円最高4,000万円
携行品損害1旅行最高50万円1旅行最高50万円
救援者費用最高400万円最高300万円

アメックスビジネスゴールドの海外旅行保険の家族への補償

こちらもほぼ
アメックスゴールドと
とほぼ同様の
補償内容です。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡最高1,000万円なし
傷害後遺障害最高1,000万円なし
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1,000万円最高1,000万円
傷害治療費用最高200万円最高200万円
疾病治療費用 最高200万円最高200万円
賠償責任最高4,000万円最高4,000万円
携行品損害1旅行最高50万円1旅行最高50万円
救援者費用最高300万円最高300万円

anaアメックスゴールドの海外旅行保険の内容

ANAアメックスゴールドも
SPGアメックスと
ほぼ同じ補償金額ですね。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡・後遺障害最高5,000万円なし
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1億円最高5,000万円
傷害治療費用最高300万円最高200万円
疾病治療費用 最高300万円最高200万円
賠償責任最高4,000万円最高4,000万円
携行品損害1旅行最高50万円1旅行最高50万円
救援者費用最高400万円最高300万円

anaアメックスゴールドの海外旅行保険の家族への補償

このカードは家族も補償してくれます。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡・後遺障害最高1,000万円なし
海外旅行傷害死亡・後遺障害最高1,000万円最高1,000万円
傷害治療費用最高200万円最高200万円
疾病治療費用 最高200万円最高200万円
賠償責任最高4,000万円最高4,000万円
携行品損害1旅行最高50万円1旅行最高50万円
救援者費用最高300万円最高300万円

ちなみに私は
SPGアメックスと
ANAアメックスゴールドを
持っていますので
単純に補償額が2倍です。

セゾンアメックスゴールドの海外旅行保険の内容

一口にセゾンアメックスと言っても
色々種類がありますので
SPGアメックスと同等クラスの
セゾンアメックスゴールドと
比較します。

セゾンアメックスゴールドは
自動付帯のみです。

 補償項目自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡・後遺障害5,000万円
入院保険
日額5,000円
通院保険日額3,000円
海外旅行傷害死亡・後遺障害5,000万円
治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任3,000万円
携帯品損害30万円
救援者費用200万円
寄託手荷物遅延費用10万円
乗継遅延費用3万円
出発遅延費用3万円

保険内容は充実していると
思います。

アメックスプラチナに似た
保険内容ですね。

セゾンアメックスゴールドの海外旅行保険の家族への補償

こちらも
アメックスプラチナに似た
保険内容です。

 補償項目自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡・後遺障害1,000万円
入院保険
日額5,000円
通院保険日額3,000円
海外旅行傷害死亡・後遺障害1,000万円
治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任3,000万円
携帯品損害30万円
救援者費用200万円
寄託手荷物遅延費用10万円
乗継遅延費用3万円
出発遅延費用3万円

保険に関して言えば
セゾンアメックスのほうが
SPGアメックスより
良いかもしれません。

JALカードの海外旅行保険の内容

JALカードも色々ありますが
SPGアメックスと
同等クラスのClub-Aゴールドカードと
比較したいと思います。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡5,000万円5,000万円
後遺障害150万~5,000万円
入院保険
日額1万円日額5,000円
手術手術の種類に応じて
10,000円×倍率(10倍・
20倍または40倍)
通院保険日額2,000円日額3,000円
海外旅行傷害死亡最高1億円
利用5000万、自動5000万の合算
後遺障害最高1億円
利用5000万、自動5000万の合算
治療費用300万円300万円
疾病治療費用300万円300万円
賠償責任1億円3,000万円
携帯品損害1旅行につき50万円30万円
救援者費用400万円200万円

アメックスプラチナに
匹敵する内容ですね。

保険入るつもりで言えば
Club-Aゴールドカードに
入会してもいいかもしれません。

JALカードの海外旅行保険の家族への補償

Club-Aゴールドカードは
基本契約者本人に
手厚い待遇がありますね。

 補償項目利用付帯の場合自動付帯の場合
国内旅行傷害死亡なしなし
後遺障害なしなし
入院保険
なしなし
手術なし
なし
通院保険なしなし
海外旅行傷害死亡最高1,000万円最高1,000万円
後遺障害最高1,000万円最高1,000万円
治療費用200万円3200万円
疾病治療費用200万円200万円
賠償責任2,000万円2,000万円
携帯品損害1旅行につき50万円1旅行につき50万円
救援者費用200万円200万円

家族は無いわけではないですが
保険について
少し考えたほうが良いかもしれません。

-SPGアメックスカードについて

Open

Close

Copyright© ポイントで無料旅行! , 2019 All Rights Reserved.