ポイントで無料旅行! parkmgmアイキャッチ 以前はモンテカルロの名前でベラージオホテルに並ぶ1番人気!今はPARK MGMという名前に変更! ラスベガス旅行

ラスベガス旅行

以前はモンテカルロの名前でベラージオホテルに並ぶ1番人気!今はPARK MGMという名前に変更!

投稿日:2019年5月8日 更新日:

ホテルモンテカルロは
フランス南部にあるモナコ公国の
モンテカルロにある
格調高いカジノホテル
「Casino de Monte-Carlo」を
モチーフしたカジノリゾートホテルです。

創業時は「モンテカルロ」という
名称のホテルだったが、
2018年春から「PARK MGM」に
名称変更しました。

歴史を話すと、
モンテカルロホテルの時代は、
ラスベガス特有の派手さはなく、
落ち着いた雰囲気と、シンプルなフロアで、
日本人観光客から圧倒的な支持でした。

ベラージオホテルと並ぶぐらい
日本人に人気で
観光客の利用が多いホテルでした。

火事があったので、今は改修して
「PARK MGM」になりましたが
モンテカルロのときより
少々高級になったかもしれません。

このホテルは、
モンテカルロ時代も
PARK MGM になった今も、
ラスベガスのカジノホテルとしては珍しく、
チェックインカウンターから客室まで、
カジノをまったく通過せずに行けるのです。

通常、ラスベガスのカジノホテルでは、
「宿泊客にはできる限りカジノを
利用してもらいたい」との考えから、
どこへ行くにもカジノを通るように
設計されているのですが
このホテルは通過しない設計なので
極めて異例です。

また、カジノに隣接する形で存在する
大型シアター「PARK Theater」と、

大型アリーナ「T-Mobile Area」が
あるのが特徴です。

カジノの詳細

カジノフロアの形やレイアウトが
シンプルなので、
カジノ内で迷子になってしまった
といったトラブルはありません。

他のホテルはカジノが広すぎて
迷子になるかもしれません(笑)

ストリップ大通りへのアクセスも、
カジノ内を直線的に行くことができます。

カジノ講座があるので受けてみよう

このホテルではカジノ講座を
受けられるサービスがあります。

毎日午前11時からクラップスというゲームを、
本番で使用するゲーム台を使って
ディーラーから手ほどきを受けられます。

クラップスはブラックジャックと並んで
初心者に人気のゲームなのですが、
ルールが少々複雑で、
いきなりゲームに参加するのは
ハードルが高めなのですが、
事前に練習ができるのは良いチャンスです。

講座はすべて英語ですが、
事前に日本語でルールブックを読んで、
ある程度のルールを把握しておけば、
実際の台でさらに深く理解することができます。

ショーの詳細

このホテルのショーというより
併設での劇場PARK Theaterでの
コンサートの方が有名です。

ブリトニースピアーズ、レディーガガ、
エアロスミスなど大物スターのコンサートが
ひんぱんに開催されています。

また、T-Mobile Areaという
アリーナもあります。

ラスベガスを本拠地とするプロ・アイスホッケーチーム
Vegas Golden Knights の
ホームアリーナです。

秋から春にかけてシーズンなので、
試合の影響で
混雑する頻度が高くなります。

ホテルの詳細

宿泊料金はそれほど高くないですが、
そこそこ高級感を味わえるホテルです。

限られた予算で
ゴージャスなラスベガスらしい雰囲気を
楽しみたい人にはおすすめのホテルです。

フロントロビーから
客室へのエレベーターまでとても近く、
客室から駐車場へのアクセスも、
とても分かりやすいので
使い勝手が良いホテルです。

モンテカルロホテルの時より
PARK MGMになった今のほうが
ゴージャス感はアップしています。

リゾートフィーを忘れずに

ラスベガスのホテルは安いのですが
リゾートフィーが
ホテル代とは別に掛かります。

ラスベガスなどの観光地では
リゾーフィーがかかるのが一般的です。

リゾートフィーは
宿泊費とは別に発生する
追加料金(税金)のことです。

ラスベガスでは一般的に
カジノ代、アメニティ代としてです。

1回の滞在に対しての課金ではなく、
宿泊日毎に毎日課金されます。

このホテルは約25ドル/1日です。

→→
ラスベガス観光の記事に戻る

-ラスベガス旅行

Copyright© ポイントで無料旅行! , 2019 All Rights Reserved.