ポイントで無料旅行! 違い2 飛行機の経由の時間違いやすい、トランジットとトランスファーの違いは?ストップオーバーやオープンジョーの違いも説明! トランジット

トランジット

飛行機の経由の時間違いやすい、トランジットとトランスファーの違いは?ストップオーバーやオープンジョーの違いも説明!

投稿日:2017年8月9日 更新日:


国際線の飛行機には
直通便経由便があります。

移動には直通便が早くて楽なんですが
経由便にも良さがあります。
そしていくつか種類があります。

トランジットトランスファー
そしてストップオーバー

どれもなんとなく“乗り継ぎ”という
同じ感じの意味で考えていすが
違いがあるのです。

さらに飛行機の利用方法に
オープンジョーと言う方法もあります!

トランジット(途中寄航)

途中で空港を経由して燃料補給をし、
飛行機は乗り換えずに
最終目的地へ向かうことです。

通常は30分〜1時間程度の着陸で、
乗客は機内で待機する場合と、
空港内のトランジットルームで
待つ場合があります。
ポイントで無料旅行! トランジット 飛行機の経由の時間違いやすい、トランジットとトランスファーの違いは?ストップオーバーやオープンジョーの違いも説明! トランジット
例)
①成田から経由地の台湾に行く
②台湾で燃料補給し、同じ飛行機でローマに向かう

トランスファー(乗換え)

途中で空港を経由して燃料補給をし、
及び飛行機を乗り換えて
最終目的地へ向かうことです。

乗継時間が長い場合もあります。
ポイントで無料旅行! トランスファー 飛行機の経由の時間違いやすい、トランジットとトランスファーの違いは?ストップオーバーやオープンジョーの違いも説明! トランジット
例)
①成田から経由地の台湾に行く
②台湾で燃料補給し、飛行機を乗り換える
③乗り換えた飛行機でローマに向かう

※アメリカを経由する便は、
必ず入国審査を受ける必要があります。

預け入れ荷物は最終目的地まで
一切受け取らないことが便利ですが、
アメリカ経由便では
一度荷物を受け取り、
再度荷物を預ける必要があります。

ストップオーバー(途中降機)

トランスファーの際、
乗り換えを同日行わず
翌日以降の便を利用するなど、
乗り換え地で一度入国することを
ストップオーバー(途中降機)といいます。

これを利用すると、
目的地だけでなく乗り換え地でも
観光することができます!
ポイントで無料旅行! ストップオーバー 飛行機の経由の時間違いやすい、トランジットとトランスファーの違いは?ストップオーバーやオープンジョーの違いも説明! トランジット
例)
①成田から経由地の台湾に行く
②台湾で燃料補給し、飛行機を乗り換える
③すぐに乗り換えず、一度台湾に入国し滞在する
④翌日以降、乗り換えた飛行機でローマに向かう

※ストップオーバーは
無料でできる航空券もあれば
追加料金がかかる場合もあります。

※注意しなくてはいけないのは
機内預け荷物です。
機内預けにした荷物は
最終目的地まで受け取ることができません。

荷物がないと困る場合は
機内持ち込みにしましょう。

オープンジョー

行きと帰りの空港が異なる、
到着地と出発地が異なるルートの行程の事を
オープンジョーと言います。

※行きと帰りの交通手段は
車や鉄道など航空機以外で都市を移動します。
ポイントで無料旅行! オープンジョー 飛行機の経由の時間違いやすい、トランジットとトランスファーの違いは?ストップオーバーやオープンジョーの違いも説明! トランジット
例)
①成田からロサンゼルスに行く。
②ロサンゼルスからニューヨークに移動する
(車か鉄道)
③ニューヨークから成田に帰る

まとめ

私はよく
ストップオーバーを利用しています。

例えば、
ロンドンが目的地のとき、
タイ空港を使い、
経由地のバンコクで2泊したり、

カリフォルニアが目的地のとき、
カナダ空港を使い、
経由地のバンクーバーで5泊したり、

時間がたくさんあれば
ストップオーバーも楽しめますよ!

せっかくの旅行、
うまく航空券を使いたいものですね!

そんな中、
お金が無いから旅行に行かない。。
そんな人は勿体ないです!

ぜひマイルを貯めましょう!

私はマイルを貯めて、
2016年上海に行きました♪
2018年は香港に行きます♪

基本的にかかった航空券代は無いです!
マイルで無料です!

ぜひマイルを貯めて旅行にいきましょう!

マイルの貯め方は下記です。
>>https://i-love-travel.info/mile-technique/

-トランジット

Copyright© ポイントで無料旅行! , 2019 All Rights Reserved.